電話連絡なしでキャッシング利用したい!

キャッシングは電話連絡なしで使えるのか検証します

横浜銀行カードローンで収入証明書として適用される3つの書類

地方銀行のカードローンで最も規模が大きいのは横浜銀行カードローンで限度額が最大1000万円までとなっています。金利も大手銀行のカードローンと同じぐらいの設定になっていて良心的なカードローンと言えます。申し込みをする時に本人確認書類を提出する必要がありますが、借入希望額が60万円以上になると収入証明書を提出する必要も出てきます。そこで横浜銀行カードローンではどのような書類が収入証明書として適用されるのか確認していきましょう。

・源泉徴収票

源泉徴収票は主に会社に勤めている人が対象になります。勤務先の会社名が記載されている事が適用の条件となります。勤務先の会社名が記載されていない源泉徴収票は収入証明書として適用されないので注意しましょう。

・納税証明書

納税証明書は税金を納めている事を証明する書類です。税務署の発行印がある事が適用の条件となります。税務署の発行印がない納税証明書は収入証明書として適用されないので注意しましょう。

・確定申告書

確定申告書は確定申告をしている事を証明する書類です。納税証明書と同様に税務署の発行印がある事が適用の条件となります。確定申告書を提出する前に税務署の発行印がある事を確認しておきましょう。

Related Posts